海老名ロータリークラブとは

海老名のために力を尽くす草の根のリーダーとして活動しています。 そして世界のために貢献しているグローバルな市民が集まって、一緒に活動しています。 ひとりでも多くの人に参加していただければ、もっとたくさんの“よいこと”が実現できるはずです。


2016年‐2017年 会長挨拶

 

海老名ロータリークラブ会長方針

  海老名ロータリークラブテーマ
『未来につなげよう、広げよう奉仕の心』

本年度海老名ロータリークラブは、30周年という節目となる記念すべき年度を迎えました。これまでのメンバーが築いてきた礎に感謝し、次の世代へとつなぐ年と考えております。時代の変化に合わせて柔軟にそしてしなやかにロータリー活動が展開できる基盤を構築する記念の年にします。

基本目標

Ⅰ.会員組織委員会

  • 会員増強
    新規会員の勧誘、現会員の維持に努めることとし、一人でも多くの適格者に入会を勧め、会員の維持率を高めると共に、会員と地域社会との繋がりを大切にし、クラブのプログラムと社会奉仕を実行できる体制を整える。また退会防止に努め安定して会員数最低50を堅持します。
  • クラブ研修
    ロータリーに関しての知識を深める。また新会員に対しては、顧問ロータリアンを中心に個別、あるいは協同で研修の機会を設けます。

Ⅱ.クラブ運営委員会

例会の会場づくりや卓話内容を充実させるとともに、魅力ある例会設営に努めます。

  • 出席
    ロータリー活動の根幹となるのは『例会出席』と考え、皆出席を目標に各職業奉仕に努める。欠席が続く際は顧問ロータリーや委員会委員長が積極的に声をかけメーキャップやEクラブでの出席などのサポートに努めます。
  • クラブ会報
    クラブの重要な記録を残すことを目的とすることはもとより、外部に対し開かれた情報を公開します。
  • スマイル
    スマイルの意義の周知を尽くすとともに、メンバーの情報交換をとおし、安定した奉仕財源を生み出すためにも継続して記念日のお祝いを贈呈します。
  • 会計
    適切な会計管理に努めます。

Ⅲ.社会奉仕委員会

積極的な社会奉仕活動が地域に根差す事は、活動の基盤が作れることにつながるため、引き続き地域に貢献できる奉仕と広報に努めます。

Ⅳ.国際奉仕委員会

米山奨学金、ロータリー財団、ポリオプラスへの寄付を継続する。
また、姉妹クラブである台湾華安ロータリークラブとの交流をとおし、国際協力・世界平和の精神を大切にします。

Ⅴ.親睦委員会

会員間の親睦を深めることが、より良い活動につながることは言うまでもありません。特に入会後3年未満の会員がロータリーの意義や目的を理解し、より活発的な活動とするためにも、交流を目的とした親睦活動を継続的に行い、家族参加も含めた事業を企画します。

Ⅵ.30周年記念事業実行委員会

30周年事業をとおして、国際貢献と地域の中での認知度を向上させることが、今後のクラブ事業の遂行をスムーズに推進できることと信じ、事業を実施します。

30周年記念奉仕事業

  • 海老名市・ロータリー財団・米山奨学への寄付をします。
  • 地区補助金を活用してのミャンマー地区への人道支援事業を行います。
  • 神奈川県への教育支援事業を行います。
  • 姉妹クラブ他地区内関係諸団体代表をお招きしての記念式典及び懇親会を行います。